ネット集客はココで差が付くポイントを教えます。

>
この記事をシェアする

商品をダイレクトに販売したいならリスティング広告を出すとイイ

リスティングはキーワードを決めるのが大事

リスティング広告は先ほども説明した通り、検索をかけた単語に対して広告を表示するという方法です。そのため、なるべく多くの検索数が出るようなキーワードを設定する必要があります。しかしだからといって何でも検索数が多ければいいわけではありません。例えばですが商品名と「悪評」や「返金」などの購入につながらないようなワードを同時に検索した人に広告を出しても意味が無いのです。

また同業他社が出している似たような商品が欲しくて検索している人に広告を出しても、自社の商品を購入してくれる可能性は低いです。どんなキーワードを設定すればいいかはそれこそ商品などによって変わりますので、模範解答はありませんがリスティング広告を出稿したらこまめにキーワードを検証して良くないワードは反抗しなければなりません。

広告出稿にも色々なルールがある

リスティング広告を出稿する際に気を付けていただきたいのが、薬事法を始めとする広告の表現を規制する法律に違反しないようにする事です。具体例をいくつか挙げると薬事法では「必ず効果がある」と断言するような表現は禁止されています。またFXや証券口座の宣伝では「必ず儲かります」や「損失補填」などの表現を使用してはいけません。

このように広告の表現には様々な規制がありますので、商品に関連する法律を熟知して「うっかり法律違反」というミスをしないように気を付けましょう。リスティング広告を出稿するサイトでもこうした違反した表現を繰り返し使用する広告主は契約を解除しますので、顧問弁護士がいらっしゃれば一度広告表現について問題が無いかを確認してから広告を出すようにしてください。


Copyright © ネットで集客する方法!人の注目はこう集めろ!. All Rights Reserved.

TOPへ戻る