まずはホームページがないと話にならない

現代のネット集客で一般的になっている方法は主に3つの方法があります。まずは自社のホームページやブログを公開して集客を行う方法です。この方法は基本と言ってもいい方法で、まずはホームページの作成から始めるようにしましょう。特に実店舗を持たないでネット取引のみを行う形態の事業では、ホームページが無いと最初の一歩が踏み出せませんので、必ず作成するようにしましょう。

次にリスティング広告を出稿する方法です。リスティング広告(検索連動型広告)とは「検索エンジンでキーワードを検索した際に、そのキーワードに関係する広告を検索結果に表示される広告」を言います。例えばグーグルやヤフーなどで自社の商品名や製品の種類を検索をした時に検索結果のページに表示され、その広告がクリックされた段階で決められた広告費を支払うというスタイルの広告サービスになっております。

最後にアフィリエイト広告を出すという方法があります。アフィリエイトとはこうした商品の広告を出してほしいとアフィリエイトサイトに登録をすると、その広告を作成する事を請け負ったサイト登録者が自分のブログなどでその商品の紹介を行うタイプの広告サービスです。アフィリエイト広告はそのブログなどを通じて自社の広告ページに飛んで、商品などを購入すると一定額の報酬を支払うというサービスになります。

この3つの広告サービスはそれぞれに特徴がありますので、自社が取り込みたいと思っているターゲットユーザーに合わせて広告を選んでいくことが重要になります。具体的なサービス内容や特徴についてはそれぞれに分けてご紹介していきますので参考にしてください。

最近注目のアフィリエイト広告

最近コストパフォーマンスに優れている広告として注目を集めているのが、アフィリエイト広告です。アフィリエイトは商品の購入などの成果が上がった時点で報酬を支払いますので、効果が無ければ報酬を支払わなくていいのです。そのため、いい広告を出してくれる優秀な広告主にだけ報酬を支払う事が出来るのです。

Copyright © ネットで集客する方法!人の注目はこう集めろ!. All Rights Reserved.

TOPへ戻る